薬の服用についての考え

薬の効果を左右するの味方とは?

ノルレボの薬を服用するとき、そこまで難しく考えることはないかと思います。ただ、ジュースやお茶などと一緒に服用することは危険です。

 

薬をのむときはみずかぬるま湯で飲む。これが条件ですね。

 

一般的に使用説明書に書かれているのは、スムーズに薬をと付けるようにするために飲むことが第一です。
体への吸収を良くするためであり、それならサラサラした液体なら、水やぬるま湯でなくても良いのではないかと考える。答えはそうでなく、飲み物に含まれる成分の中に、楽に影響を与え、薬の効果を必要以上に強くしたり、逆に弱くしたり、副作用を引き起こしてりすることが考えられているわけです。

 

例えば、珈琲や紅茶、日本茶、薬の中には、薬の作用を強めにしたり、眠気を抑えるために、カフェインを含むものがあります。コーヒーなどと一緒に飲むと、カフェインのとりすぎになってしまうことも十分にあります。それから、濃いお茶は、鉄則などの効果を低下させてしまうこともわかっていますね。

 

ジュースも薬とアワないものが多い、産生の強いジュースは、抗生物質のアンピシリンやエリスロマイシンなどをジュースのもつさんで分解してしまう恐れも。とりあえず、ノルレボなどはそこまで危険ではないとのことなんですが、万一のことを考えると、薬や白湯と一緒に服用することが第一の条件になりますね。