薬の服用を考えて

まあ、あんまり避妊の薬であるノルレボに関して書くことがないのが正直な所、、、。
だって、まだ服用してないし、、、。

 

 

とりあえず、避妊についてではないのですが、腸にかんして。
これは、薬などを服用するときに、腸が不調の状態だと、薬の服用ができないために、ある程度は心がけておかなくてはいけませんね。

 

あとは、お腹が張ったり、便秘、下痢の原因も腸が悪いと言われているために、常に腸を元気にしておくことは大切です。

 

現代人のちょうは、不規則な生活や偏った食事、ストレスなどから老化しやすくなっており、その影響は全身に及びます。

 

便秘や下痢といった不調がなくても、美肌と健康のために、朝の老化を防ぐ腸を日常に取り入れておくことはすごく大事になると思いますね。

 

ちょうが老化すると、便秘や、コロコロした方い便が出たり、下痢になったり、お腹か春。弁やおならが異常に臭いなど、、、。弁の調子が悪い時に薬を服用すると、さらに状態が悪くなりますね。

 

逆位、腸が元気になると、スッキリ気持ちのいい便通で、消化が良くなり太りにくいし、疲れにくい。美肌、風を引きにくいなど、メリットが多いいと思います。

 

精神的にもかなり安定するのではないでしょうか?

 

 

そのために、便をどれだけ元気にさせるのか?
特に私は消化器官を強くするために、普段から栄養のあるものを食べていますね。

 

全身の細胞へ運ぶことになるので、食物繊維の高いリンゴやきのこ、こんにゃくなどを食べています。
ちょっとしたこだわりでかなり変わるはずです。