妊娠は卵子と精子が出会う

妊娠の仕組みについては、男性よりも女性のほうが断然に詳しいですね。

 

 

妊娠は卵子と精子が出会うだけではなく、出会って受精卵ができ、その受精卵が子宮内膜に潜り込み着圧します。これが妊娠になるんですね。

 

卵胞はホルモンの働きにより卵巣内で発育し、そして各月経周期に一度、乱視を排出します。
実は、この段階で気づかない人もいるそうです。

 

卵子は卵管に取り込まれた後、卵管にオクラれ、侵入してきた精子と出会い受精するんですね。
受精した乱視は細胞分裂を繰り返しながら子宮へと移動し、発育した受精卵が子宮内膜にくっつき妊娠が成立するんですね。

 

 

男性からの精子をうけ、そこからの子宮内の仕組みなどは目で確認することはできないのですが、いろんなことが巻き起こっている。

 

すごく不思議なことなんですが、やはり新たな生命がやどるために、新しい子供を生むということは、本当に大きなことなんですね。

 

性行為に対しても、軽はずみではなく、ある程度の知識を頭のなかに入れておくことは重要ですね。