72時間以内に服用

防ぐ!計画の無い妊娠

たとえコンドームを使っていたとしても、それでも予想外のことが起こることが有ります。その時に利用するのが緊急避妊法であるノルレボです。

 

例えば、性行為の最中にコンドームが外れた、または敗れた、パートナーが忘れた、、、など、予想外のことはいつ起こるかわかりません。

 

たとえ、コンドームを装着したとしても、実は装着するのが遅かったということも有ります。それ以外にも、レイプされたなど最悪の事態を迎えた時のことを考えたら、緊急避妊法のことを頭の片隅にでもおいておくことは全然違います。

 

ノルレボなどの緊急避妊薬の作用としては、服用すれば妊娠の確率を下げることができます。ただし、心がけなくてはいけないのが、服用するタイミングです。早ければ早いほど、それだけ妊娠の確率を下げることにつながります。

 

それから、心配な性行為が起こってから約72時間以内に服用することです。それ以降に服用しても効果がありません。

 

ノルレボの場合、72時間以内に2錠を服用し、12時間後に2条の中用量ピルを服用します。

 

一般的には低用量ピルを毎日服用すればまず妊娠する恐れはありません。ただ、日本ではあまりなじみがなく、どちらかというとコンドームを利用するカップルが多いです。

 

 

ただし、コンドームを利用したとしても、約1〜2割は失敗に終わり、計画性のない妊娠に繋がるおそれがあるために、低用量ピルを服用していない女性には、緊急避妊薬が最終手段となります。

 

ノルレボなどの緊急避妊薬は中容量型のピルになるために、吐き気や頭痛、腹痛が起こりやすいのですが、短期間で妊娠を防ぐ作用があります。

 

もし、計画性のない妊娠の恐れがあった場合には、事前に準備していたノルレボを服用する、または産婦人科で服用することが望ましくなります。