低用量ピルとコンドームを使う時の考え

コンドームの重要性とは?

よくせぬ妊娠を防ぐために、日本ではコンドームを利用するカップルが大多数です。では、世界を見てみると、どうかというと、コンドームよりもピルを服用している女性が大多数です。

 

これはピルを服用することで、それだけ計画のない妊娠を防ぐためです。どうして日本ではピルよりもコンドームを利用するひとが多いのかというと、一昔前に、ピルの副作用が強いという話が一時的に広がったからです。

 

そのために、ピルよりもコンドームのほうが副作用はないし、安心して妊娠を防ぐことが出来るという観点から今に至っています。

 

たしかに、副作用が強いピルも有りますが、ほとんどが中用量ピルのことであり、現在では一般的に低用量ピルが処方されています。

 

ただ、現在では病院や産婦人科では低用量ピルが処方されており、副作用は殆ど無い事言われています。そのために、海外でも利用率が高いのです。

 

たしかに、パートナーにコンドームを装着してもらえば、射精しても、ゴムの中で留めることができるので安心ですが、破損するおそれがあるために、結局は100%ではありません。

 

そのために、毎日のように低用量ピルを服用することで、100%ちかい確率で計画性のない妊娠を予防し、安心した性行為を行うことができます。

 

低用量ピルの場合は、毎日のように服用をしないと効き目がありませんし、ある程度のお金がかかります。ただし、計画をしていないのに妊娠が発覚した場合は、精神的なショックとともに、お金もかかるおそれがあるために、事前に予防策を考えておくことはとても大切になります。