常に持っておくことはいいことなのか?

緊急避妊薬は病院から処方してもらえるのか?

産婦人科や病院では緊急避妊薬を事前に処方することはありません。

 

そのために、毎日のように低用量ピルを服用するのが望ましいと医師から進められることが有ります。しかし、時間が不規則な人や、ルーズな人にはかなりめんどうなために、緊急避妊薬をあてにしがちです。

 

どうして病院から処方することができないのか?
今の時代、どんな事件が起こるのかわかりません。たとえ、コンドームを持参していたとしても、何が起こるかわからない世の中です。

 

そのために、起こった後に、緊急避妊薬を服用すれば、妊娠する恐れはありません。ただし、何かが起こってから、わざわざ病院に足を運ばなくてはいけないために、その分の時間がかかってしまうのが妊娠を高める問題です。

 

どれだけ早い時間に緊急避妊薬を服用するかで効き目も変わってきますので、常に持参をしておくことが安心につながります。

 

そのために、緊急避妊薬のノルレボを通販で購入する人もいます。

 

ただし、心がけなくてはいけないのが、緊急避妊薬を常に常時しているからといって、安心するがゆえに、安易に性行為をする恐れもあります。

 

ノルレボなどの緊急避妊薬をのちに服用したとしても、100%の効き目があるわけではないことをまずは理解しておかなくてはいけません。

 

そのために、普段の性行為を行う場合は、コンドームを装着してもらい、出来ることなら、毎日のように低用量ピルを服用することが一番の計画性のない妊娠予防になります。

 

緊急時に、緊急避妊薬を服用する場合は、約2割程度の人は吐き気を感じ、もどすことがわかっていますので、決して良いことはありません。そこら辺を十分に感じた計画が大事になると思います。